2005年12月01日

憲法改正私案、安全保障(2)国軍の名称

私案では防衛軍か国防軍かどちらかにしようと考えている。現段階では、前者の方にしたいという印象を持っている。
防衛省との兼ね合いも自然だろうし、目本国だけではなく、さまざまなものも含めて防衛するという意味を出すためにも、ある意味国防軍よりもいい名称だと思う。

現在防衛庁の省昇格が言われているが、防衛庁が省となるとき、名称が国防省と変わる可能性もゼロではない。しかし、おそらくは素直に防衛省という名になるだろう。
ちなみに私は防衛庁は防衛省(Ministry of Defense)という名称にすべきだと思っている。国防省というのもいいのだが、「防衛」庁という慣れ親しんだ名称をわざわざ変えることはせずとも良いと思う。
防衛国際平和省などと、とってつけたようなまやかしの名称だけはやめてもらいたい。公明党がそんなことを要望しているなどという報道もある。

自民党案での「自衛軍」という名称だが、自衛軍の英語表記は自衛隊の横滑りで「Japan Self-Defense Forces」となるのだろうか。
私は目本語の名称を変えるなら、対外的な英語表記も変えないといけないと思う。
憲法はもちろん目本語で考えるのだが、国軍の名称だけは対外的な表記も含めて考えるべきだと思っている。国内的にも対外的にも「変わった」ことを示すべきだと思う。

私は現時点で防衛軍(Japan Defense Forces)で私案を進めたいと思っている。

私は自衛軍という名称は好きではない。自衛軍というのは、ほら、真ん中の字だけがゴツイ。なんか不恰好というか、特に縦書きで書いたときは貧相なのだ。名称は好き嫌いで決めるものでもないが。
そして、自衛軍という名称は確かに自警団的なイメージがつきまとう。
目本の兵士たちに誇りを持ってもらえるような名称にしたい。いろんな意味で、自衛軍という名称は軽い。

posted by 総理大人 at 22:20| Comment(5) | TrackBack(4) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変素晴らしい意見だと思います!
「防衛軍>国防軍」という論理は大いに納得できました。名称は好き嫌いで決めるものでもないのは事実ですが、趣味のよしあしというのも多少は考慮されてよいような気もします。
防衛庁は防衛省になるんだと思いますよ。
Posted by 猫研究員。 at 2005年12月02日 06:18
防衛省と素直にいくのが、ベストだと思ってます。

憲法に自衛権だけでなく、軍の存在・名称は書き込まなければ、ならないというのが世論だと思うので、その方向でいこうと思います。armedを使うと、自然に「日本軍」みたいな名称になると思うのですが、defenseという文言は国内的にも対外的にも保っておきたい概念ですので、国防軍か防衛軍という選択肢にならざるを得ない感じです。
憲法は関係ないですが、防衛陸軍・防衛海軍・防衛空軍の英語表記は何にしようか悩ましいです。
現在は、army navy air forceなんて報道されてて、三自衛隊の正式名称が無視されてるようですが、
一応各防衛軍にも正式の英語表記はないといけないんですね。さてどうしましょう。。
自衛隊を準用して

Japan Ground Defense Forces
Japan Maritime Defense Forces
Japan Air Defense Forces
で、いいんでしょうか。
やっぱ、アーミー ネイビー エアフォースかな。。
Posted by 総理大人 at 2005年12月02日 23:43
こんにちは。
トラックバック、ありがとうございました。
自分は、国防を担う組織なので、単に国防軍とすべきだと思います。
一般的な名称だとも、思います。防衛庁が「省」に昇格した際も、国防省とするのが一番いいように思います。
Posted by at 2005年12月03日 09:35
TBありがとうございます。
誇りを持って任務に当たれる名前だといいですね。
そうすれば、そこで働きたいという若年層も増えるかもしれませんし。
すでに軍隊なのですから、しっかりと法律で存在を認めた方がいいと思います。
Posted by opleader at 2005年12月03日 21:23
コメントありがとうございます。

賢さん

たしかに、国防という列記とした言葉があり、国防軍も一般的に通用する名称だとは思います。防衛軍よりも違和感というのはないかもしれません。
国防軍という言葉の概念は、現在の自衛隊の機能と一致あるいは縮小するような名称です。
従って、本文で書いたように防衛軍という名称をここでは使います。新軍は国防軍という言葉の概念にとどまらない活動を行いますよね。
個人個人の言語感覚も大いに関係していることだろうと思うので、そりゃ自衛軍の方が良いという人もいるでしょうし、日本軍がいいという人もいる。全会一致は難しいかもしれませんね。


opleaderさん

海外では士官というのはエリートらしいですね。日本でもそういう風土ができるかもしれませんね。
Posted by 総理大人 at 2005年12月03日 23:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

公明党、自民党改憲案の「自衛軍」保持明記に反対方針
Excerpt:  公明党が、憲法改正案に「軍」を保持することに反対することを明言したのは、さもありなんという感じではあるが、納得の行かないことである。公明党の主張によれば、憲法第9条は第1項第2項ともにそのまま残すべ..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2005-12-02 06:12

言語感覚にこだわるのなら…
Excerpt: 言語感覚の問題 山田孝男 「言語感覚」を問うのであれば、「愛国心」よりも「自衛軍」の方を私は問いたいですね。「愛国心」という単語は造語ではなく、少なくとも存在していた言葉なのに対して、「自衛隊」「自..
Weblog: ねこまんま
Tracked: 2005-12-02 21:24

米国、高度技術スパイの中国人四人を逮捕: イージス艦、潜水艦の戦闘、通信コードなどを盗み出していた
Excerpt: 転送します。 世界で繰り広げられているスパイ合戦。 呑気なのは日本ばかりなり。 Matsue E-mail: shupla@ai.hiho.jp http://shupla.w-jp.net/ htt..
Weblog: Eternity Blog
Tracked: 2005-12-03 00:14

防衛庁、「省」格上げへ・公明が条件付き容認を表明
Excerpt:  自民党と公明党は5日午前、国会内で与党幹事長・政調会長会談を開き、防衛庁を「省」に格上げすることで原則合意した。これを受け、政府は来年1月召集の通常国会に関連貌を提出するこことになる見通しで、早けれ..
Weblog: 不細工な不ログ
Tracked: 2005-12-05 18:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。