2005年12月02日

耐震強度偽装問題と規制緩和

1:建築業者(売り主)は万が一建物に瑕疵が発生した場合に備えて、瑕疵担保責任を誠実に履行するための保険に強制的に加入しなければならない。
2:建築確認検査は、前項保険会社のもとに置かれた建築検査機関にのみ、民間委託できる。

1:今回のヒューザー、これは瑕疵担保責任を果たせないという理解に苦しむような状況である。「重畳的」という言葉を初めて知った私である。これはヒューザーに瑕疵担保責任を果たすことができる資金的余裕がないということらしい。
しかし、これについては万が一瑕疵が生じた場合のための保険があるということを私は知った。この保険は任意保険のため、建築主は加入せずともよい。そしてヒューザーはこの保険に入っていなかったということだそうだ。
建築主には瑕疵担保責任があるという一方で、この責任を果たせないという矛盾した状態は今後改めなければならない。
したがって、建築主は当該保険に強制加入するような法整備をまず急がねばならない。
自動車の自賠責をイメージしてもらえば、わかりやすいだろうか。

2:98年の建築基準法改正で自治体が行っていた建築確認検査を大臣、知事が指定する民間の確認検査機関でも行えるようにした。
私は、「民間でできることは民間で。官にしかできないことは官で。」という方針の下で、建築確認検査が官でしかできないこととは思えない。建築確認検査を民間でできるようにすること自体がおかしい、などと例によって今さらテレビや新聞の一部マスコミが言い出しているが、私はそれに同意しない。現に自治体による確認検査漏れも報道されている。問題はそんなことではない。
マスコミの一時的大衆迎合は98年当時おそらく規制緩和を歓迎する報道がなされていただろう。
JR福知山線の事故も同じで、マスコミは「過密ダイヤ」「過密ダイヤ」と散々批判したが、東西線開通当時、この過密ダイヤを非難するマスコミはどこにもなかった。どのメディアも、「ますます便利になった」「東西線開通はおめでたい」という報道だった。いつものマスコミの「後出しじゃんけん」である。
話を戻して、1によって強制加入となった保険の保険会社に、建築確認検査をさせるようにする。
保険会社ならば、建築確認検査を厳重にすることになるだろう。自らの会社の存続と信用がかかっているのだから。利害関係による不正防止方策である。

2については、採算性や実現可能性の問題があるが、国民の生命に関わることであるから、民間委託するのであればこれくらいの不正防止網はあってしかるべきであろう。この方策ならば自治体に任せるより、安全ではないだろうか。
これらに合わせて、刑罰強化のための法改正もすべきだろう。
そして改竄ができないような大臣認定ソフトを早く開発してほしい。

追記:
「耐震強度偽造」という言葉に違和感を持つのは私だけだろうか。
構造計算書偽造であり、耐震強度偽装であるが、「耐震強度偽造」というのはおかしな日本語ではないか。

追記:
2の損害保険会社が建築確認する、というのは実は新しいことでもなんでもなかった。やっぱりな〜私が思いつくことなど先人たちは思いつくよね。。
ならば、実現可能性も高いのではないか。こうするのが、ベストな方法だろう。

関連記事:
耐震強度偽装の証人喚問
耐震偽装問題の公的支援が問うもの
「猫研究員の社会観察記:耐震偽造「姉歯」以外も」を拝見して

posted by 総理大人 at 19:41| Comment(3) | TrackBack(15) | 政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> したがって、建築主には、当該保険に強制加入するような法整備をまず急がねばならない。

これには全面的に賛成します。

認定ソフトについては、人間が作るものである以上、改ざんの可能性が付きまといます。ハードウェアやサプライ品(用紙、インクなど)を含めても改ざんの可能性は残ります。

これはソフトウェアの問題ではなく、人間の問題(組織、保険など)だと思います。
Posted by あくてぃぶ・そなあ at 2005年12月03日 18:42
コンピュータのことはよくわからないので、改竄できないようなソフトっていうのは作れないんですね。。

えー、なんか保険強制加入を目指すみたいな、新聞記事が今日ありました。私の案とは少し違うようでして、建築主と保険会社の利害関係を利用した建築検査とかいうのは検討されてないようです。難しいのかな。

コメントどうもありがとうございます。
Posted by 総理大人 at 2005年12月03日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

全国・各省庁に広がる構造書偽造問題の余波
Excerpt: ■事の発端 耐震計算、偽造認める 建築士「仕事増やしたくて」 ■制度上の歪み 構造計算書偽造問題における業界の歪に対する認識について
Weblog: 九十九研究所@企業コレクション〜じゅげむ本店
Tracked: 2005-12-02 21:01

耐震強度偽造問題について
Excerpt: 今日から12月ですね。今年もあと1ヶ月になってしまいました。月日の経つのは早いです。 さて、2日前にマンションなどの耐震強度偽装問題で、衆院国土交通委員会が開かれました。 事務所での仕事があっ..
Weblog: 日高正樹税理士事務所 (名古屋税理士会千種支部所属)
Tracked: 2005-12-02 22:02

構造計算書の偽造(その4)−結局はザルでしかない
Excerpt: 先日の国会参考人招致で、イーホームズから偽造を隠蔽した、と暴露された日本ERI。1年半前に、すでに建築確認済の物件で構造的な危険性を指摘されていたが、何も手を打たなかったようです。 ・じ通報者によ..
Weblog: 独 言 工 房
Tracked: 2005-12-02 23:54

耐震強度偽造問題は「同時多発テロ」だ!
Excerpt:  健康を崩していて、左顔面の様子がおかしい。  左目の視力が不安定で、まぶたも腫れて重い。  歯茎が腫れてグズグズ状態。  まるで膿んでいるよう。  歯科に行ったが、抗生物質で“膿”を散らして..
Weblog: 子育てパパのブログ日記Next
Tracked: 2005-12-03 09:34

ヒューザー小嶋とヒューザー姉歯ピンチ!!
Excerpt: 年末までこの話題は続くだろう。 いや、来年も続いてるか・・・ ヒューザー、【買戻し】なんてまず無理。 どこも貸してくれるわけないじゃん! 不景気だからこーゆー事件多い
Weblog: 情報起業家1年生ここにあり。
Tracked: 2005-12-04 05:52

フューザー小嶋のやり方、丸投げ内閣、”規制緩和”の危険性
Excerpt: フューザー小嶋のやり方をなぞって、再確認作業をやってみます。 ☆ 緩められ、自由化され、規制が解除された”事にスポットが当たり、”何でもあり”と浮かれる不届きな人物達に、イエロカード、レッドカードを..
Weblog: 規制緩和(ガマの口、ロバの耳、サルの頭)
Tracked: 2005-12-04 15:42

耐震偽造責任所在わかれば済む問題じゃないよ。
Excerpt: 耐震偽造して耐震強度が0.27倍になってるそうで。0.27倍って事は、0.27の√の3乗として、約0.65倍の主要構造物の太さってこと。実際は自重も減りもっと細くなるけどそのへんは、いいとして、85C..
Weblog: TrendCyclone
Tracked: 2005-12-05 19:06

【耐震偽装】マンション業界建て直しに頑張る行政
Excerpt: 前回のエントリで「これで最後〜」みたいなこと書いておいて難ですが、続編です。私の主張と同じだと思うんですが、今、マンション業界は大打撃を食らってます。「建築業界信じられね」 → 「マンション買わね」と..
Weblog: もう書きません【ニュースを斜めに解説します】
Tracked: 2005-12-06 07:50

マンション購入も不動産投資の一種
Excerpt: あらかじめ断っておきますが、マンションの住人に全ての責任があるとは思っていません(間違って最初「います」と書いてしまいました^^;)。 このことについて触れるのは、嫌だったのですが、そうも言ってられ..
Weblog: 兄やんの一言モノ申す
Tracked: 2005-12-06 18:04

耐震強度偽造問題と住宅取得等資金特例
Excerpt: 週刊税務通信の平成17年12月5日号に、耐震強度偽造問題と関連する記事が掲載されていました。 それは、問題のあるマンションを購入する時に、相続時精算課税制度の住宅取得等資金の特例を利用していたケ..
Weblog: 日高正樹税理士事務所 (名古屋税理士会千種支部所属)
Tracked: 2005-12-06 20:01

耐震・想定内ついに出たゼネコン
Excerpt: 想定内の出来事だけど・・やっぱね。  それは営業中止に追い込まれているホテルのうち、まだ2棟だが鹿島建設(通称鹿島)と大林組が施工したというもの。  ああついに出たって感じ。まだこれからだ..
Weblog: ブログ らぷぽ
Tracked: 2005-12-07 21:23

参考人質疑2回目
Excerpt: 本日、国会の衆議院国土交通委員会は姉歯建築士などを参考人として招致します。
Weblog: 多数に埋もれる日記
Tracked: 2005-12-10 09:15

高さ1キロメートルのビルをクウェートに建設?
Excerpt: 高さ1キロ!の超高層ビル誕生か=クウェートが計画、新都市の中心に 英紙インディペンデントが報道。高さが1キロあるとさすがにたまに無許可でビル登り敢行する「スパイダーマン」も無理でしょう。しかしク..
Weblog: ニュースヘッドライソ
Tracked: 2005-12-11 06:00

耐震強度偽装事件は責任の所在の明確化だけではダメ
Excerpt: 心配していた自己責任論は大きくならずにすんでいるようで、ちょっとはほっとしていますが、最近のこの問題に関する報道や国会のやりとりを聞いていると、悪者探し、犯人探し、もう少しましな言葉を使えば責任の所在..
Weblog: 斜45°
Tracked: 2005-12-20 01:20

【姉歯】住民、ヒューザー破産申立て検討【耐震偽装】
Excerpt: 「耐震強度の偽装が見つかった五棟の分譲マンションの住民が21日、東京都内で会見し、建築主のヒューザー(東京・千代田)の破産申し立てを検討していることを正式に発表した。申し立ては年明け以降になるという。..
Weblog: Lawとバット
Tracked: 2005-12-24 04:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。