2005年12月03日

憲法改正私案、新しい権利

新しい権利もいろいろあるが、すべて現行憲法下で一般法の制定・改正で対応できるものではないかと思う。
こと新しい権利に関しては、現行憲法下の対応で不十分なものを、新憲法にしたから十分な対応ができるというものではない。現憲法下でもできることはたくさんあろうし、それをしないのは立法不作為とも立法怠慢とも呼べよう。
新しい権利を加えるために憲法改正するのではないのは自明で、本私案日記でも今後新しい権利は取り上げることはないだろう。
とは言え、「知る権利」など非常に重要な権利も含まれていることから、私案でも新しい権利は積極的に書き込みたい。条文化の際にご意見といただければと思う。
posted by 総理大人 at 23:38| Comment(9) | TrackBack(2) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「憲法改正しないと動かない」というのは間違いだし、憲法改正の論議がそういう立法不作為の言い訳というか免罪符に使われるようなことがあってはなりません。私の一つ覚えの集団的自衛権だって「どうせ憲法改正するんだから解釈はとりあえずそのまんまにしておけ」という態度はおかしいのです。自民党案で「新しい権利」の中にある「犯罪被害者の権利」なんて、憲法に書くまでもなく立法措置として当然になされることです。
Posted by 猫研究員。 at 2005年12月05日 00:53
コメントいつもありがとうございます。
まったくその通りですね、ほんと。。

犯罪被害者といえば、匿名・実名問題がありますが、どんな見解でしょうか。
私はやっぱり、被害者の希望があった場合、報道機関が自主的に匿名とすべきだと思います。犯罪被害者の権利は確立されるべき。
ケースバイケースで、報道機関と被害者がハンコを押すというのがいいと思います。警察で情報を止めてしまうのはやはりよくありませんよね。
実名だから、リアルとか記憶に残るとか、そんなもの事件自体のインパクトや報道の内容によるものであり、実名匿名なんて関係ないですから。名前が大事なら、ハリケーンみたいに、カトリーナとか何でもいいわけですから、実名である必要などどこにもありません。
あと、メディアスクラムはなんとかしないと、実際最近の事件でも近所の人が被害を受けてるみたいですね。
機会があれば記事にしようかな。
Posted by 総理大人 at 2005年12月08日 00:09
報道機関の自主性に任せられないほどに被害者の権利が侵害されているので、報道機関の自主性に基づく匿名というのはちょっと躊躇を覚えます。「自主規制による匿名が原則・報道機関と被害者の合意により実名も可能」とすると、被害者は多数の報道各社との交渉を強いられる可能性があり、負担が大きいのではないかと懸念します。それで、次善の策として警察に情報を委ねるのもやむなしと思います。ただし、警察に委ねるといってもあくまでも被害者が当事者として十分に関与できるシステムでなければなりません。
情報を警察で止めずに報道機関に流すものの、守秘義務を課して原則匿名とし、例外的に被害者の同意を得た件につきその旨通知し実名報道を許可すること、守秘義務に違反したら罰則を科する、というのであればこれでも構わないでしょう。
これは、重要な問題なので、是非記事にしてみてください!
Posted by 猫研究員。 at 2005年12月08日 07:24
訂正:
お説では「実名が原則・報道機関と被害者の合意により匿名も可能」ですね。先のコメントでは、逆になってました。それだと、私が誤解して書いた「自主規制による匿名が原則・報道機関と被害者の合意により実名も可能」よりも、さらに被害者に負担を強いる可能性が高くなります。

注記:
それから、後段の「守秘義務を課して原則匿名とし」は「匿名報道」の意味です。実名は知らせるものの、報道は匿名でさせるという趣旨です。難点は、報道機関を完全に特定できないという点ですね。怪しげな雑誌なんかの扱いはどうするかという話になって、それならば、警察と被害者に初めから決定権を与える方を推します。
Posted by 猫研究員。 at 2005年12月08日 07:36
さっそくありがとうございます。

「自主規制による匿名が原則・報道機関と被害者の合意により実名も可能」
でも
「実名が原則・報道機関と被害者の合意により匿名も可能」
でもなく、あくまでケースバイケースです。
あと、契約に関しては、一社が代表して、あるいは代表者たちが行うことは十分可能だと思います。その際、警察も立ち会えば、いいんじゃないでしょうか。
「今回の事件は匿名に決まりました。」と宣言するのです。報道機関には頑張って被害者を説得してほしいものです。
情報を警察で止めずに報道機関に流すものの、被害者との契約により守秘義務を課して罰則というのは、私の想定するようなものでした。報道機関が「自主的」ではありませんでしたね。実際は法の網をかけることを想定していました。
私は実は問題は、名前じゃなくて所属や住所だと思うんですよ。それらは匿名という場合、報道機関に流れるんでしょうか(そこらへんよく知らないんですが、そこが一番大切)。
それを被害者の希望により警察でとめてしまうと事件報道なんてなくなってしまいます。だいたいの住所がわかる限り、私のような一般人でも現場にさえ行けば、近所の人から実名なんて聞けますから。怪しげな雑誌でも。
警察で名前を含めた情報を止めることだけは何としても避けなけなければならないでしょう。私はそういう社会がいいとは思えません。
イメージ的には誘拐事件ですかね。報道機関は知ってるけど、報道しない。
今回の場合、匿名か実名かを決める場は被害者と報道機関の相談の場です。警察と被害者ではありません。
報道期間が前述の法の網にかかることを嫌がるなら、それは警察で止めざるを得ないことです。報道機関は自らの首を絞めてきたわけですから、仕方がありません。
たとえ無認可の紙媒体等にも、規制の網はかけざるを得ませんよね。
個人のブログもHPも2chも罰則の対象にすべきですね。どこからどこまで、ではなくすべての媒体です。




Posted by 総理大人 at 2005年12月08日 20:54
被害者(あるいはその家族)とマスコミが折衝する場面を作ることが、被害者の負担を増大させるので問題ありだと思うのですよ。そういう場を設けるならば「被害者の側から明確に意思表示した場合に限り実名報道を認める。報道機関からは一切働きかけをしてはならない」という条件付ならば許容できます。報道機関の側から圧力をかけることができる制度にしてはいけません。といって、これだと「表現の自由を制限してる」とマスコミが反対するでしょうね。警察を立ち会わせるというのはなかなか悪くないのですが、マスコミが「萎縮効果がどうの」と言ってやっぱり反対すると思いますよ。なぜ警察と被害者だけじゃなくて、報道機関も含めるべきなのか、逆にお聞きしたいところです。
匿名というのは、名前だけ明かさないんだと記憶しています。
Posted by 猫研究員。 at 2005年12月09日 07:00
名前だけを明かさないんだとしたら、実名報道することのマスコミによる報道被害って何でしょう。犯罪被害者になったことがありませんので、よくわかりません。
メディアスクラムが匿名報道に関係するというのはどういうことなのかよくわかりません。
警察と被害者だけの取り決めが行けない事は、マスコミが言うように、被害者が権力に関係する場合とか、二者の結託により事件の中身が見えなくなる場合の社会的リスクだ

と思いますよ。
平時は別に構いませんが、万が一警察による不当な隠匿が起こった場合の警察権力への国民が信頼がグラグラになることは怖いです。ただでさえ今もそれが怪しくなってるの

に。そういう事態を避けるためにも、警察で止めるというのは賛成できません。
匿名報道だと記者さん達のやる気が変わるとか裏事情は割り引く必要はありますが。でも、それに対して本質的に名前は関係ないと思うんですよ。
しかし、名前にそれほどの重要姓は、マスコミ側にも被害者側にも国民の側にもないんじゃないかと思います。物には名前がついていて、それで我々はその概念を知り概念を

他人と共有する。確かに名前は象徴だと思いますが、報道の場合名前は重要ではない。
前述したとおり、被害者の住所や所属は、これがマスコミに公表されるならば、名前なんて問題じゃないし、被害者の写真だっていらない。かといって、実名報道されること

の被害者のマスコミによりもたらされる不利益が思い当たらない。なんでこんなに名前がクローズアップされるのかわかりません。毎日自分や家族の名前が、報道で連呼され

るから、被害者の苦痛になるのですか。まあ確かに苦痛だろうけど。
実名・匿名報道とメディアスクラムがごっちゃにされてるんじゃないでしょうか。そこに関係性はあるんでしょうか。
マスコミが被害者個人を特定するのに、名前が必要だとしたら、名前はマスコミで止めればいいし、もちろん警察で止めちゃいけない。マスコミは被害者が誰かもわからない

のに、報道するなんて想像できません、報道しないというのも想像したくありません。マスコミに被害者の人物特定をさせないように、名前は警察で止めてしまえという理由

で猫研究員さんがおっしゃっているのなら、それはまったく賛成できません。違うでしょうが。
世間に被害者の名前を公表するのが報道規制につながるという理由は、一般人からの情報提供がなくなるってことなんでしょうか。名前が関係するのはそれぐらいじゃないで

すか。マスコミ・国民の不利益は。
散々書いておきながら、なんで名前がクローズアップされるのか全然意味がわかりません。教えてください。

匿名報道は賛成ですが、それがマスコミと被害者が折衝する場面をなくそうという運動なら、それは全然賛成できません。報道代表が被害者にインタビューするなど、テクニ

カルな問題で対処させるような自主規制が確立されないならば、法規制は必要だと思います。でもそれって、名前と関係ない。
ちなみに犯罪被害者の権利は犯罪被害者が悪いわけでもないのに制限されます、公の利益に優先されません。したがって、被害者とマスコミも接触機会を無くそうなんて事な

らば賛成できません。

最近の一連の事件報道は、実名ですが、それは被害者家族は了解したのでしょうかね。。写真を知り合いに勝手に出されて映りが悪かったから、遺族がそれならばと良い映り

の写真を提供したというのは聞きましたが。これは問題。
Posted by 総理大人 at 2005年12月09日 20:49
匿名か否かは、犯罪に遭った事をみだりに公表されない権利を人間の尊厳として重視するかどうかに大きく関わってきます。匿名の方がプライバシーの侵害も小さくて済むだろうという実益もあります。でも、これは価値観の問題なんでしょう。例えば、犯罪被害者の遺族の方の中には、逆に匿名こそ人格を否定された気がするから実名で報道してくれという意見もあります。私だったら御免こうむりたいところです。

>マスコミに被害者の人物特定をさせないように、名前は警察で止めてしまえという理由で猫研究員さんがおっしゃっているのなら、それはまったく賛成できません。

お察しの通りそうではありません。

>被害者とマスコミも接触機会を無くそうなんて事ならば賛成できません。

マスコミと接触することで被害者の利益にかなう場面があるならば結構なことです。また、事件を正しく報道することに社会的意味合いがあるのは当然です。といって、名前が必要なのか?というのが問題意識の核心です。

しかし、私も政府案は裁量に委ねられる面が大きすぎる気がして、ベストとは思っていないのですよ。ただし、理由は警察権力が十分チェックされないとかそういう理由じゃなくて、裁量よりは原則を定めておくほうが「法の支配」にかなうからです。ルールを決めておくほうがよい。政府案よりよい方法があれば…。と思っていたところ、考えがまとまったのでその私案は記事にしてTBしておきます。
Posted by 猫研究員。 at 2005年12月10日 04:13
近いうち私も記事にして、私案というか基本的な考えを整理したいと思います。
猫研究員私案も拝見しましたが、基本的な考えは同じようでしたので、ありがたくパクれるところはパクらせてもらいます^^
Posted by 総理大人 at 2005年12月20日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10158424
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

犯罪被害者匿名報道について―原点に戻って考えるべき
Excerpt:  犯罪被害者の尊厳や権利が、現在著しく損なわれていること自体は、社会全体の認識であると思う。とりわけ、報道機関による興味本位かつ過剰な取材及び行動のために、犯罪被害者やその家族が追い討ちをかけるような..
Weblog: 猫研究員の社会観察記
Tracked: 2005-12-10 03:34

憲法九条は日本を滅ぼす
Excerpt:  まず初めに断っておきたいのですが、私は平和主義者です。戦争映画を見たりはしますが、決して戦争を起こしてはいけないと思っています。  憲法改正が叫ばれる中、九条を絶対に??
Weblog: 或る浪人の手記
Tracked: 2005-12-16 02:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。