2006年03月09日

「追求」と「追及」は違うのよ。

追及:責任などを問い質すこと。

追求:目標を追い求めること。

ついでに、

追究:不明な事を明らかにしようとすること。

って区別がある。

「見慣れて」ないと難しい区別だと思うが、これも人々が本を読む回数が減ったことの悪影響なのか。
責任は「追及」するものと決まっている。

民主党偽メール関連の記事を見ると、だいたい半数ぐらいが「追求」になっている。ただの変換間違いとは思えない確率だ。
国会議員のブログまで「追求」と書かれているものがある。アホの国会議員とアホの党幹部が起こしたことを、またまたアホの国会議員が意見を書いて、それを見たアホの国民が余計アホになっちゃうっていう負の連鎖を想像すると、せめて国会議員は正しく書けよ、と思う。
また、いわゆる「人気ブログ」にも平気で毎回「追求」って書いてあるものがある。

「責任を追求」を「見慣れちゃう」ことは大変危険なことだと思う。

「責任を追求する」を見る度に体がかゆくなるような思いがしてたので、耐え切れずエントリー化。間持たせ記事。


posted by 総理大人 at 00:54| Comment(3) | TrackBack(1) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いや、よくぞ書いてくれました。責任を「追求」してどうするんでしょうね。ちなみに、私は「確率」と「確立」の混同も激しく気になります。「確立は何パーセント?」なんて聞かれたら「確立してるんなら100%だろう」と答えたい衝動を抑えるのに苦労します。
Posted by 猫研究員。 at 2006年03月09日 02:02
師匠がこの記事に反応なさるとは思ってませんでした。笑
師匠も感じられてたのかな。。

「確立してるんなら100%だろう」覚えておきたいフレーズです。これはウケました!
追及と追求は似てるかなって思うけど、確立と確率はどこをどう間違えて覚えちゃうのか不思議。

ちなみに、「激しく気になる」ってのは昔は言わなかったフレーズだと思うんですが、「とても」とはまた違って、よくニュアンスが出てるんですよね。最初に使った人は上手だなって感心してたワードなんです。師匠から出てくる言葉だとは思わなかったんで、激しく気になりました^^

Posted by 総理大人 at 2006年03月10日 00:16
私も、気づかないうちにネット用語が身についてきてしまったのかも!?「大いに気になる」が一番しっくり来る表現なんですが、「確立」は、それじゃ済まないような違和感を覚えるので、思わず使ったんでしょうね(笑)
漢字を自らの手で書く機会が減って、誤字がやたらと、いや激しく(?)増えている気がします。
Posted by 猫研究員。 at 2006年03月12日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14477542
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ニセモノ天国日本〜偽メール、粉飾決算、耐震偽装
Excerpt: 永田議員のメール、某IT企業の決算、某マンションの構造計算、某ホテルのバリアフリー・・・日本はニセモノ天国か?と最近思わざるを得ません。どうしてこんなにニセモノばかりに出くわすのでしょうか? ..
Weblog: タロットセラピーで成長しました
Tracked: 2006-03-11 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。