2006年04月16日

公立塾!!なんか違う…

とりあえず、読売から記事を引用するので読んでもらいたい。今日の紙の一面の方が詳しいから持ってたらそっちも。


塾に通えぬ小中学生に“公立塾”

 経済的理由などで塾に通えない子どもを支援するため、文部科学省は来年度から、退職した教員OBによる学習指導を全国でスタートさせる方針を固めた。

 通塾する子どもとの学力格差を解消するのが狙いで、放課後や土・日曜に国語や算数・数学などの補習授業を行う。

 来年以降、団塊世代の教員が相次ぎ定年を迎えることから、文科省では「経験豊富なベテラン教師たちに今一度、力を発揮してもらいたい」と話している。

 教員OBによる学習指導は、希望する小・中学生を対象に、放課後や土・日のほか、夏休みなどの長期休暇を利用し、小・中学校の教室や公民館、児童館などで行う。受講は無料とし、テキスト代などは参加者に負担してもらう方向で検討する。

 教員OBの確保は、講師希望者を事前登録する「人材バンク」のような制度の整備を目指しており、計画が固まり次第、各都道府県教委などに協力を呼びかける。講師への謝礼などについては、今後さらに協議する予定だ。

 文科省は、長崎市で2003年7月に起きた少年による男児誘拐殺人事件などを受け、地域住民と子どもたちが一緒に遊びやスポーツを楽しむ「地域子ども教室」を推進している。教員OBによる学習指導は、この事業を拡大する予定で、各都道府県を通じ、市区町村に運営費用を支援する。
(読売新聞) - 4月16日3時7分更新


私の第一印象としては「なんか違う…」なのである。
もうちょっと理論とか資料で補強する必要があると思うがきっと私にはできないので、忘れないうちに一応書いてみたい。まとまってないので行間を読んでほしい。

<1:導入>
私立トップ校として知られる灘中学は学校週五日制だ。開成中学など他のトップ校のデータは見つけられなかった。
灘中が土日に補修などをやっているかはわからないのだが、やっててもやってなくても平日の授業はきっと公立よりも時限数が多いと思う。

授業時間に対しての私の答えは簡単で、
・中学校は土曜日も終日授業の学校週6日制
・小学生は、ゆとり教育とかいうよりも両親や友人と遊んでほしいので完全5日制でいい。
・公立学校にクーラー導入し、夏休みを春休み並みに。
・小学校・中学校の授業時間を増やす、下校時間を遅らせる。低学年も高学年並の授業時間。
、なのだ。
教員OBに頼んで土日に何かやってもらう金があったら、素直に私の案を採用してほしい。笑

<2:そもそも意味あるの?>
勉強する時間が増えるから意味はあると思う。しかし、根本的な問題は公教育の復興だ。
「公立はダメだから私立に」という声の出元を改善しなければいけない。<1>とも共通するが、学力低下の問題だ。量と質(教育手法)が問題だと思うが、後者についての明確な答えは私は持っていない。
で、読売新聞一面紙面から引用すると、“公立塾”は、
文科省の担当者は「進学塾のような受験対策を行うのではなく、あくまで授業以外に勉強したい子どもに、教育の場を提供するのが目的」

なのだそうだ。(この前テレビでやってたが、公立小中学校の先生が自分の子供を私立に行かせたいって思ってる。)
じゃ意味ないじゃん、ってこと。
「私立受験しないと高学歴になれない」ってことが問題にされている。“公立塾”で学力は多少上がるかもしれないが、保護者のニーズに答えられていない。(東大合格者の公立出身者がまた増えたそうだが、公立トップ校にも塾に通わないと合格しない。(という説がにわかにある、私はそうは思わないけど。))
いずれにしても、「公立離れ」はこれでは、おさまらないということだ。
そして何も受験対策=悪ではなく、むしろ私は受験対策歓迎なのだ。私立に行こうが行くまいが、私立上位校に合格する学力は、ものすごく前向きに評価できるものだろう。

(私は公立育ちなのだが、中学一年生のとき灘中学校の入試問題が新聞に載っていたのでやろうとしたら、まったくわかんなかった。笑)

問題の出発点が「経済的理由で塾にいけない子を助けたい」ということなのだから、貧乏の家には塾に行くお金を国が出してあげればいいのだ。何も“公立塾”なんて構想する必要はない。
(しかしそもそも、大学生が教える塾や家庭教師なら、よっぽど公立の先生に放課後補習授業してもらうほうがよいだろう。生徒が頼めば断る先生はいないのであって、親が何を勘違いしてかお金を払って大学生に自分の子どもを任せるという現状も笑えるのである。)
貧乏の家に塾に行くお金を国が出してあげれば文科省が「公立崩壊宣言」するようなもので到底できないと思うし、すべきでないと思うが、今回の“公立塾”よりはどれほどマシだろう。

<3:結びに>
とはいえ、私は格差社会けっこうけっこうって感じで、私自身は全く裕福ではないのだけれど、「格差は結構だが、一代だけにしなくちゃ。というか親のせいで子供も迷惑被っちゃかなわないわな。」が重要で、それをなせるのが、教育、とりわけ公教育だと思う。
今回の“公立塾”は、まあめちゃめちゃ悪い案ではないと思うので優先順位がズレてるとは思うがちっとは評価できる、かな?? 私にとっては、貧乏の家に塾に行くお金を国が出してあげなくても、今回の案は「公立教育崩壊宣言」やってんのと同じことに思えて、つまり公立校と“公立塾”の位置づけが曖昧って思う。
私の案は、現役教師に負担が大きくなるので、質を確保するためにも教員OBをOBではないことにすればいいと思う、新卒の先生を大量に雇わなくても。
とにかく、同じお金をかけるなら、対症療法ではなく、根本的な治療をやってほしいものだ。
“公立塾”といい、小学校英語といい、幼稚園義務教育化といい、「なんか違う…」、優先順位が違うって思うのは私だけだろうか。

最後にちょっと関連リンク
私立学校における学校週5日制の実施状況について(データ古い…)
東京大学(東大)合格者数 高校別ランキング2005年 こんな系統のよき資料があれば紹介してください。
posted by 総理大人 at 19:24| Comment(4) | TrackBack(2) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私がこのニュースから受けた第一印象は「こりゃ軍隊でいうところの予備役・後備役だな」です。昨今の学力低下は教育にとって「有事」だからOBが召集される(笑)
まあ、大学でも新入生の学力不十分ってことで補習をやるような時代ですからね。それも、旧帝大クラスでもやってるでしょ。そういうことを考えると、「公立塾」構想はさもありなんといったところでしょう。私は「思ったような効果は上がらないとは思うがやるだけやって御覧なさい」といった見方ですね。
こういう話がでてきたことの意義はあなたがお書きになってる「今回の案は「公立教育崩壊宣言」やってんのと同じこと」が第一だと思いますよ。
Posted by 猫研究員。 at 2006年04月18日 15:10
私は大量退職の教員OBの天下り先かなって思いました。教師はおえらいお役人じゃないから、それでも別にいいんですけどね♪

大学で補習やってるのは、小中高で大学に必要な学力がついてないってことですよね。
旧帝大でもやってんですか…(T_T)/~~~
そっちはもう学力とか言う以前に小中高のカリキュラムの問題ですから、公立塾云々の話じゃないですよね。

a学校の成績よくって私立校行きたい人
b学校の成績悪い人
c塾行く金がない人

特に小学生は、昔は塾と言えばaでこれは今も変わらない。今はb層も塾行くようになった。
b層は塾から公立塾に乗り換える人も多いだろうから民業圧迫ということにもつながるし、だったら素直にc層にお金を補助してあげりゃいいんだと思います。おんなじ「公教育崩壊宣言」なら。
実力のある教員OBなら私塾で、公立塾の賃金の同程度には雇ってもらえる時代になるでしょうし。
でも、それも結局愚策。

いずれにしても税金もったいないので、やってみなさいって全然思えないです。
Posted by 総理大人 at 2006年04月19日 21:55
あの構想は、報道を見る限りでは「薄謝」ということになりそうなので、天下りといったウマミのある話じゃないと思いますよ。そういう点では篤志家といいますか奇特な人を講師としてリクルートできる可能性はないでもない。
大学は、義務教育でもなんでもないんだから、補習なんかしないで、足りないところを独学で補えないような学生は容赦なく留年というのが筋論ではあるんでしょうね。
いくらなんでも、東大京大は補習やってないかな…。というか、東大だったらそういうところに目をつけて東大出版会から教材出しちゃう(笑)ちゃっかりしてますよ。


>公立塾に乗り換える人も多いだろうから民業圧迫ということにもつながるし

これはそうだろうなあ。塾業界は競争激しいですよ。
私が知ってるケースで面白いのは、特定の学校にへばりついてその学校の生徒限定で教えている塾というのを聞いたことがありますよ。「そんな商売があるんだ」と感心しましたよ。こういうのは公立塾なんかやられた日には真っ先に潰れますね。

>いずれにしても税金もったいないので、やってみなさいって全然思えないです。

公立塾であれ塾費用補助であれ、そんなこと考えるよりも、学校できちんとしろって話ですな。いうまでもなく、その点が「なんか違う…」の原因ですよね。
Posted by 猫研究員。 at 2006年04月20日 05:11
お給料や安そうですもんね。ウマミはないですかね。
薄謝なら、なおのこと民間塾も雇いやすいでしょうね、あるいは篤志さんには薄謝で現役教師と共に働いてもらいたい(総理大人案笑)。

>特定の学校にへばりついてその学校の生徒限定で教えている塾

その塾がいいかどうかわかりませんが、しょうもない塾はたくさんありますよね。そういうのは淘汰されてしかるべきなんですが、
塾→公立塾
という不自然な人の流れじゃなくて、
塾→学校
って、移動が本当なんでしょうしね。
やっぱり公立塾ダメだ…笑

>大学は、義務教育でもなんでもないんだから、補習なんかしないで、足りないところを独学で補えないような学生は容赦なく留年

それも根幹ですよね。大学がそういう学生を入学させているってことに他ならないってことですよね。
大学全入時代の中、よく言われる「本来大学にいける者でない者が大学に入る」ですね。しょうもない大学もいっぱいあるんですよね。
海外の大学は「入るの簡単、出るの難しい」って言われて、それがどういうシステムなのかとか実情とかわよくわかんないけど、
今の日本の大学は「入るの簡単出るの簡単」であることに間違いありませんよね…。
Posted by 総理大人 at 2006年04月20日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

公立塾
Excerpt: 読売新聞に掲載されていた「公立塾」子を持つ親としては気になるニュースですよね。なんでも、教員OBによる公立の塾、もちろん料金は無料でテキスト代のみだそう。進学の為というより??
Weblog: coopippi
Tracked: 2006-04-20 09:09

団塊世代教職員の大量退職とゆとり教育の行方
Excerpt: 日本、「学力格差」埋めるために定年退職した教員を活用(朝鮮日報 2006年4月17日)記事中、読売新聞といってるのは塾に通えぬ小中学生に“公立塾”(読売新聞 4月16日)この記事。...
Weblog: てくてく糸巻き
Tracked: 2006-07-26 23:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。