2006年08月09日

これはウマイ!…?。『靖国に弥栄(いやさか)あれ 』

国民のほとんどを占める、中途半端ライトや中途半端レフトや一般の無知識層にも浸透しうる可能性があるんじゃないか。私も無知識層だもんで。

長島さんの墓暴きとも言える、日本人が好きそうじゃない発想よりかは現実感がある。
もとより、いわゆるA級戦犯分祀論は…。
あるいは長島案ではできない政教分離の原則の違反かも?をもクリアーする。

国立靖国の形態、追悼対象についても、「国立化するからには」国会を中心に広く国民間で議論し…、っていう麻生案の曖昧さについても、一応の、あるいは至極もっともな大義名分が立つ。丸投げに大義名分があるなんて、なんかオイシイ。

そして近い将来、靖国神社に財政危機があるという状況にも、対応できる。
財政状況がきつーくなってくると、国立化という話も自然に出てくるだろうってことは言われていたし。
長島案も麻生案も「靖国当局の自主性に頼る」という点では同じだけれども、財政と遺族感情の面から麻生案の方が一枚上手のような気がする。(私の感情からも。)

ポスト小泉総裁選で事実上争点ともなっている(させらた)靖国で存在感をアピールすることにもなるし、ポスト安倍への戦略が見えるような気がする。

私はこの案を好まないけれども、ウマイなあって思った。
「国家がなすべき戦死者慰霊を一宗教法人に丸投げした」というか、「している」、ということと、
政教分離の原則に対して、誰からも文句言われない形であるということ、
二つの点で好みだ。天皇陛下のご親拝も実現されることであろうし。

麻生さんはおもしろい。

で、私が好まないというのは、「靖国神社は、古事記や日本書紀に出てくる伝承の神々を祀る本来の神社ではありません。」という部分。神社ってもっと庶民的なもんで、そんな有名人ばかり祀られてるもんでもないし、って思う。でも、靖国は元々宗教法人じゃなかったじゃんっていう麻生さんの考えも筋が通っているような気がする。
だけれども靖国神社をいくら国立化すると言っても、「神道の匂い」は施設面でも儀式面でも残ることも気になる。それに対しては、天皇自体が神道の親玉的存在なのに…という意見もあるだろうし、しかしいくらなんでも現代で国家神道という話にはならないだろうし、歴代天皇は仏教に熱を入れた方々もいるんだし、っていうか何が言いたいわからなくなってきた。麻生案に文句を言うレフトな方々が裁判所行ったとしても、「宗教法人」でないから違憲判決は出ないと思うが、「神道の匂いは」消せない。
新しい施設を作るとか、千鳥ヶ淵を拡充するとか、そっちの方がスムーズだと思う。靖国は靖国で存在していればいいと。
「特定の宗教に依拠しない」という点は、もっと強調されていい気もする。が、新施設なんてのは現代に生きる者のわがままにも思える。

人によって色々考えはあるだろうけれども、一宗教法人に任せている現状は不都合が多いというか、荷が重いというか、ううん、戦死者の追悼は「税金」でしたいと思う。

偉そうに書きましたが、無知識層としてはそう思う、ということです。無知識は免罪符なんです…

ところで、皮肉じゃなくて、前々から思っていた素朴な疑問ですが、
殉職自衛官はどこに祀られるんでしょうか。今、国立施設はあるのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃればお教えください。

あと、先人の尊い犠牲に関する事柄を、ウマイ!などと表現したことは反省しております。
それはそれ、これはこれ、ということで。だって麻生さん狙ったはずだもん。

関連:
麻生私案「靖国に弥栄(いやさか)あれ」 
■靖国、財政破綻〜週刊アカシックレコード060727■


忙しさにかまけて、サボっていたら、サボり癖がついていました。お世話になっている方々のブログは拝読するにはしていましたが、コメントはしてませんでしたし。私って公約とか守れないタイプだわ、きっと。
ラベル:靖国 麻生
posted by 総理大人 at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。