2006年09月06日

無免許で捕まったと思ったら、実は免許あった……でも違法?

どう思いますか?
ものすごくおもしろい事例なので、とりあえず引用読んでください。

悪いのは私? 試験場ミスで免許失効、「無免許」で罰金

2006年09月03日
門真運転免許試験場=2日午後、大阪府門真市で

 大阪府警門真運転免許試験場(同府門真市)が05年8月、海外留学していた女子大学生(22)の普通自動車運転免許を過って失効させ、その後にミニバイクを運転した女子学生が道路交通法違反(無免許運転など)罪で罰金の略式命令を受けていたことがわかった。同試験場がミスを認めたため、検察側から指示を受けた試験場の勧めで女子学生は不服を申し立て、大阪地裁で公判が始まった。ところが、検察側は「免許を交付されていない状態での運転は違法」と争う姿勢を見せており、道交法違反事件としては異例の裁判官3人による合議制で審理が続いている。

 関係者によると、女子学生は05年8月、約1年間の海外留学から帰国し、同月23日に門真運転免許試験場に免許の再交付に訪れた。女子学生の免許は留学中の同年2月に期限が切れており、門真試験場は失効から6カ月を超えていたため再交付できないと判断、免許取得のために路上で運転練習できる仮免許を交付した。

 女子学生は翌9月2日、復学手続きをするためにミニバイクで大学へ向かっていた途中、警官に見つかり、道交法違反(無免許運転など)で検挙され、同月下旬に大阪簡裁から罰金10万5千円の略式命令を受けた。女子学生は仮免許では運転できないと知っていたが、大学の窓口が閉まる時間が近づいていたために乗ってしまったという。

 女子学生はその後、海外留学していた友人が再交付されたと知り、改めて門真試験場に問い合わせた。道交法には、海外留学や入院など「やむを得ない理由」があれば期限が過ぎても再交付できると定めた特例があるが、同試験場の窓口の職員が添付資料のパスポートのコピーを点検せず、特例を適用していなかったことがわかった。

 同試験場は10月上旬、ミスを認めて女子学生に謝罪、女子学生が手続きに訪れた日にさかのぼって免許の再交付を認めた。さらに略式起訴した大阪区検の指示を受け、女子学生に無罪を求める裁判の手続きを取るよう勧めた。

 今年2月、大阪地裁で初公判が開かれ、女子学生側は無罪を主張し、検察側は「仮免許での運転は違法」として有罪を求めた。杉田宗久裁判長は「慎重に調べたい」として第2回公判から裁判官3人の合議に変更した。近く、公判の進行方針を決めるため、地裁・検察・弁護人の3者協議が開かれる予定。

 女子学生の弁護人は「そもそも略式起訴の際に検察が試験場のミスに気づいていれば起きなかった事態。行政のミスが原因の事件であり、検察側は公訴取り消しか無罪求刑をすべきだ」と主張。大阪地検は「現時点ではコメントできない」としている。

 〈門真運転免許試験場の森岡茂調査官の話〉 当時、点検に不慣れな職員が窓口にいたのでミスが起きてしまった。本当に申し訳ない。
朝日新聞http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200609020048.html



皆様の意見をこれほど聞きたいと思ったことはない!って感じです。よろしければご意見聞かせてくださいね。
ここから下を読む方は、自分のスタンスが決まってから読んでください。



もう一つ引用します。

専門家の鑑定は女子学生“無罪” 運転免許ミス失効

2006年09月04日
 大阪府警門真運転免許試験場(同府門真市)のミスで普通自動車運転免許を失効した女子大学生(22)が無免許運転などの罪に問われた公判で、大阪地裁(杉田宗久裁判長)が、女子学生の行為の違法性について刑法の専門家2人に鑑定を依頼したところ、いずれも「無免許状態が生じたのは試験場のミスが原因で、違法性は認められない」と結論づけていたことがわかった。有罪を求めて争っている検察側は厳しい対応を迫られそうだ。

 裁判所が被告の刑事責任能力の有無などについて専門家に鑑定を依頼することはあるが、被告の行為の違法性について外部に意見を求めるのは珍しい。

 起訴状などによると、女子学生は05年8月に海外留学から帰国し、同試験場で免許の再交付手続きをしたが、窓口の職員が過って道路交通法の特例を適用せずに再交付を不許可とした。女子学生はその後、ミニバイクを無免許運転したなどとして罰金の略式命令を受け、検察側から指示を受けた同試験場の勧めで正式裁判に持ち込んだ。公判で、女子学生は無罪を主張し、検察側は「免許を交付されていない状態での運転は違法」として争う姿勢を見せていた。

 杉田裁判長は、今春あった公判で、女子学生の無免許状態での運転が違法かどうか専門家に鑑定を依頼する方針を明らかにした。検察側は「違法性の有無については裁判所が判断するべきだ」として異議を申し立てたが却下され、東大大学院法学政治学研究科の山口厚教授、慶応大大学院法務研究科の井田良教授を鑑定人とすることが決まった。

 関係者によると、両教授は8月までにまとめた鑑定書で、女子学生は免許の再交付に必要な手続きをすべてしている▽特例による再交付を怠った試験場のミスは違法――などと指摘。ミニバイク運転時は形式的に「無免許」だったが、この状態を生じさせたのは試験場のミスが原因だとして、「女子学生の運転に違法性は認められず、有罪とするのは困難」との見解を示したとされる。

 鑑定書は今後の公判で証拠採用される見通しで、検察側は従来通り有罪を求めるかどうか最終的な検討に入るとみられる。
朝日新聞http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200609030036.html


そうなのね…

ちなみに私は、彼女に倫理上の問題はあるが、そもそも法的責任はない、と断じます。政府の不法行為が発端なのだから。だから無罪っていうか公訴取り下げろよって感じ。
それともう一つ、検察の主張を認めちゃうと、政府が国民の合法的行為を違法行為にしてしまうことで、本来は合法的な国民の活動をすべて違法とできるようになるってことになるでしょ。ん? 私自身しか文意わかんない?
えーと、今回は試験場の勘違い・ミスだったけれど、これが意図的になされていた場合のことを想定すれば、これほど恐ろしいことはない、ってことです。
だから司法には良識ある対応をしてほしいです。

あと、これは法的にどういう解釈になるの?

>同試験場は(中略)女子学生が手続きに訪れた日にさかのぼって免許の再交付を認めた。

東京裁判とか関係ある話になるのでしょうか?







posted by 総理大人 at 02:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォロー入れておきます。

試験場ミス“無免許”運転、女子大生への公訴棄却決定

 大阪府警門真運転免許試験場(大阪府門真市)のミスで、海外留学から帰国後に運転免許証を再交付されなかった女子大生(22)が、ミニバイクを無免許運転したとして、道交法違反罪に問われた公判で、大阪地検は7日、女子大生に対する公訴取り消しを大阪地裁に請求した。

 同地裁は、公訴棄却を決定した。

 留学中に運転免許証の有効期限が切れた女子大生は帰国直後の昨年8月、同試験場で再交付を申請。海外留学の場合は帰国から1か月以内などであれば再交付される特例が適用されず、仮免許しか与えられなかった。

 女子大生は同年9月、大学へバイクで向かう途中、無免許運転で検挙され、大阪簡裁から罰金10万5000円の略式命令を受けた。同試験場のミスが判明したため、略式命令に不服を申し立て、免許の再交付も受けていた。
(読売新聞) - 9月7日20時52分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060907-00000211-yom-soci
Posted by 総理大人 at 2006年09月07日 21:58
内容読みました。

要するに一度略式命令が出てしまったので、検察としてはどうしようもなかったのでしょうね。
はたして検事や判事が最初の略式に関与していたのかすら疑問です。

試験場から相談を受けた区検は苦渋の決断として公判請求を起こすよう進めたのでしょう。(警察行政の不作為を見落とした検察事務官の不手際としかいいようがないので)

公判では、いきなり公判棄却を求める訳にもいかない(不当逮捕?)ので、とりあえず「仮免許での運転は違法」と主張して、裁判所にゲタを預けたのでしょうね。
裁判所もゲタ預けられたはいいが、うかつな事はできないから事実上の参審のような形にして山口教授・井田教授の意見という形で判決ではなく、検察側の自主的公訴棄却にもっていったのだと思います。

この事件は、最初から結論が見えていて、単にどのようなプロセスで結論(無罪)に持ち込むかというだけだったのでしょう。

そうでなければ公安委員会が遡及して免許証を交付したりもしないでしょうし(つまり警察の上部機関としては、道交法の違反はないと言ってる。)、検察にしても公訴棄却ではなく、無罪判決→控告→上告のプロセスで最高裁・最高検の判断を仰ぐと思われます。
Posted by 通行人 at 2006年09月08日 06:25
>はたして検事や判事が最初の略式に関与していたのかすら疑問

書類上だけで、事務的にやっちゃったのでしょうね。たとえ膨大な処理作業の中でも、検察や、とりわけ裁判所は、やるべきことをやってもらわないと困ります。

>検察にしても公訴棄却ではなく、無罪判決→控告→上告のプロセスで最高裁・最高検の判断を仰ぐと思われます。

すごくよくわかるコメントありがとうございました。読んでいて楽しく、納得できました。
納得できたものの、悪い読後感が残ります。私も女子学生も権力に振り回されました……。
Posted by 総理大人 at 2006年09月09日 01:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23323959
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。