2006年09月08日

『猫研究員の社会観察記:安倍氏「集団的自衛権は個別に可否判断を」』を拝見して

参考:猫研究員の社会観察記:安倍氏「集団的自衛権は個別に可否判断を」

政府解釈集団的自衛権(「自国と密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直接攻撃されていないにも関わらず、実力をもって阻止する)行使は、目本特有ののさまざまな不都合な事態に周辺事態の概念を基にそこから派生する事柄について、周辺事態に関連付けて、そこから思考を始めるのがいいかなあと思い始めました。
どうしても集団的自衛権そのものから話を進めると、事が大きくなるというか、「地球の裏側まで」的な話になっちゃうと思うんです。国民も不安先行になるというか。

それに、私は戦争は憎しみの連鎖を伴うものだから嫌いだし、問題に対する解決策としては一時的な効力を期待できるものの、根本解決の手段としては武力行使は不適切だという書正論は持っていたいですから。その連鎖に日本が巻き込まれないようにするという意味でも、その連鎖方式を世界から追放するという理想からも、できるだけ武力の行使は最小限にしたい。きっと私がアラブにいるならガチガチの反米です。だから、周辺事態から輪を大きくしていくような話の進め方がいい。

国際的理解集団的自衛権(「密接な関係の存否を問わず、外国に対する武力攻撃を当該被攻撃国の同意のもとで、実力を持って阻止するほか、後方支援などあらゆる形態でその反撃を支援すること」)については、「安保理決議有」と「それ以外」で、しっかり系統立てるのが、やはり必要だと思うようになってきました。
だとすると筋として憲法に「国連」を書き込む方がわかりやすいということになるかもしれません(それは嫌なのでエレガントな思考を考えているんですが)。。

私やっぱり集団的自衛権は解釈変更ではなく憲法改正によって、と最近の右傾化現象を見て思うのですが、
憲法改正にしろ部分的解釈変更にしろ、安全保障の議論は、「ケーススタディの積み重ねで、全体を作り上げる方式」がいいと思います。とりわけ私のような素人というか国民への問いかけには、その方法が最も適切だと思います。
専門家だけで雲の上のような話してても、憲法改正はできませんから、素人に向けて、地上から空へ向かうような議論が不可欠ですよねえ。その点において安倍さんの発言は、かなり同意します。

なんか、この文章が雲の上にあるような感じで、とても他者に発信できるレベルではないし、的外れかもしれん…と不安となったりしますが、備忘録代わりに記してみました。笑

それにしても私が思ってた以上に、安倍さんは弁が立たないし、安保以外の政策がイマイチわかんないし、(若輩の私ごときが経済云々言うのも恥ずかしいですが)テレビ出演してたとき経済政策について話していたとき、少しコメンテーターに突っ込まれたら、オドオドしてたぶん安倍さん自身も何言ってんだかわかんなくなってんだろうなあってこっちが思ってしまうほど非論理的で用語もめちゃくちゃな伝わってこない事を言ってたし、時々何言ってるのかわからないほど舌足らずだし、色々とよくない噂も断片的に報じられるし、脇が甘いし…。

溶けかかったロウ人形みたいだし、手塚治虫のマンガに出て来る、頭の上に火のついたローソクを立ててるオッサンみたいな顔だし、あの、ヨーカンを乗せたみたいなシチサン分けもベトベトしてそうでキモすぎるし、とにかく、臭そう。特に、耳の後ろとか首のまわりとかから、ものすごいオッサン臭がしてそう。それから、クチビルを動かさないでしゃべるのが腹話術の人形使いの人みたいだし、そのしゃべってる内容も、早口でカミカミで何を言ってんだかぜんぜん分かんないし、すぐに頭に血がのぼってトンチンカンなことを言い出す
『きっこの日記、2006/08/26 (土)「 次の総理は冥王星 7」』


私はあんまりこういう言論は好きじゃないにも拘らず思わず同意しちゃう、、、なんで安倍さんにこれほどの人気があるのかよくわかりません…。
posted by 総理大人 at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 【特設】私の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
安倍さんが言うように「個別具体的に研究、検討」していけば、今までの政府解釈の不都合が明らかになり、国民の中にも「あれ?おかしいのではないか」という声が広がることが期待されます。私も政治家だったら「そもそも集団的自衛権とは」なんて切り口では切り込まないでしょう(笑)

>「安保理決議有」と「それ以外」で、しっかり系統立てるのが、やはり必要だと思うようになってきました。

これは前も説明したと思うのですが、安保理決議があると集団的自衛権じゃなくて集団安全保障(けしからん行為をした国を皆でとっちめる)の話になるのですよ。ややこしいですが…。将来的な方向性としては、個別的自衛権・集団的自衛権・集団安全保障などと細分化して考えるのではなくて「侵略を防ぎ平和を構築する、国家の正当行為」としてまとめて考えられないものかと思いますね。
Posted by 猫研究員。 at 2006年09月09日 02:36
安倍さんは最近しきりと「サマワで…豪軍、英軍…これでいいの?」と「公海上で…米軍艦船と自衛隊艦船が併走して…これでいいの?」の二つで問いかけしてますよね。まさに、そういうわかりやすい問いかけの積み重ねをしてくれると素人は助かるんですよね。
師匠のオフラインでのステータスがわからないですけれど、政権中枢のブレーンでもなさそうだし(笑)、師匠は政治家になろうと思わないですか?
私だったら、無力感に包まれるだろうし、自分で実際に動かしてみたくならないんだろうかと。。

>安保理決議があると集団的自衛権じゃなくて集団安全保障(けしからん行為をした国を皆でとっちめる)の話になるのですよ。

ああ、そうでした!
憲法改正を問われる前に、あらかじめちゃんと自分の意見で○×用意しておきたいんですよね。
いろいろと教わったことをも忘れたり、元々いろんなことを知らないわけですが、最近なんか糸がほどけてきたような予感もするわけです。
で、仮に集団的自衛権を行使できていたとしても、自分ならイラク開戦には参戦しなかっただろうと。終戦後の治安維持活動にはkitto参加したと思います。仮に国連の要請がなくとも。
「周辺事態」の概念がなんか気に入ったので、そこらへんから思考したいなあと思っとるんです。

>「侵略を防ぎ平和を構築する、国家の正当行為」としてまとめて

そうして理論を集約し、構築するところまでは、私はまだまだ遠いです。。 自分なりに(気長に)精進しますので、よければまた協力お願いします!笑
Posted by 総理大人 at 2006年09月09日 03:56
集団的自衛権の行使を認めるといっても、必ず毎回米国と行動をともにすべしというのではないことはもちろんです。例としてあげておられるイラクの場合だったら、現実的判断としては、自衛隊の能力を考えれば戦後復興に参加するという選択肢しかなかっただろうと思います。日米同盟の重要性の観点から、何もしないという選択肢はありえません。自衛隊が開戦時から参加しうる戦闘能力を持っていたと仮定した場合が、話が複雑になろうかと思うのですが、その場合は他にも仮定しなきゃいけない要因が多すぎて…。変な話ですが、あの窮屈な憲法のおかげで「日本は憲法の制約がありながら同盟国としてよくやってくれた」と米国に感謝されている側面も否定できないと思いますし。

>師匠は政治家になろうと思わないですか?

率直に言って、そういう立場になって自分の信念を多くの人にぶつけてみたい気はないといえば嘘になります。ただ、こればっかりは「なりたい」と言ったからなれるというものでもないでしょう。仮にチャンスがあればチャレンジしてみたいですが、重責ですから胃に穴が開くかもしれません(^^;

>自分なりに(気長に)精進しますので、よければまた協力お願いします!笑

こちらこそよろしくお願いします。一緒に勉強していきましょう。分かりやすい安全保障論議の構築に寄与できれば本望です。
Posted by 猫研究員。 at 2006年09月10日 01:34
目本国総理大臣としてはですね笑、イラク派兵を決定するのは、イラク市民を思ってのことですね。それはいわば、「お米」ですか。どんなにおいしいお米でも現実問題それほど食べられるものじゃありませんから、やっぱり「おかず」は必要。それが日米同盟ですか。あるいは安保理決議ですね、これは現状メインディッシュとはならないと思いますが。日米同盟はあくまで重要な「おかず」ですね。目本人は、まずは「お米」ないと生きていけません。
日本の政治家が決して上辺じゃない「お米」を踏まえて、「おかず」を持ち出してくれていることを願っていたりするわけです。
日教組のにおいがプンプンするところで学んだ者としては。というか一人間として。

>胃に穴が開くかもしれません(^^;

そういう政治家がどれほどいるんだろう…、と。全員ではないと思われてなりません。
私の目の黒いうちに?社会観察記で出馬表明が見られれば、、、師匠の一ファンとして(^_-)-☆
Posted by 総理大人 at 2006年09月10日 05:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。