2007年02月07日

柳沢大臣に健全だとか言われたくねえ

(記者) 少子化対策は女性だけに求めるものなのか、考えはいかがか。
(厚労相) 若い人たちの雇用形態が、例えば婚姻状況などに強い相関関係を持ち、雇用が安定すれば婚姻率も高まるような状況なので、まず若者に安定した雇用の場を与えていかなければいけない。また、女性あるいは一緒の所帯に住む世帯の家計が、子どもを持つことで厳しい条件になるので、それらを軽減する経済的支援も必要だろう。もう一つは、やはり家庭を営み、子どもを育てることには人生の喜びのようなものがあるという意識の面も若い人たちがとらえることが必要だろう。そういうことを政策として考えていかなければならない。他方、当人の若い人たちは結婚をしたい、それから子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいるわけだから、本当にそういう若者の健全な、なんというか希望というものに我々がフィットした政策を出していくことが非常に大事だと思っている。
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <柳沢厚労相>子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車

「機械」発言より引っかかった。
私自身は、子供を二人、しかも男の子と女の子一人ずつ欲しいなあなんて希望を持っているのだけれど、それを自分自身健全だとか何とか思ってないし、誰かに思われたくもない。余計なお世話だ。
国家のために子供を作るなんてことは考えないし、考えたくもない。政治の役割は、子供をたくさん欲しいと願う人にはそれにふさわしい環境を、子供なんて要らないと思う人や、あるいは独身でいいと思ってる人も生活しやすい環境を、即ち現代社会であるからなおさら、多様な生き方ができる環境を醸成してやることだ。少子化対策は「産めや増やせや」でいいわけない。子供を2人以上産みたいと思う人が多くいるのは国家にとってありがたいが、それを大臣が健全だと言って良いはずがない。
民主主義のその最大の欠点は、ややともすれば少数者の意見が無視されるようなところにあるはずで、そこら辺へのケアは十分すぎるほどになされなければなるまい。
子供を2人以上もちたいと思ってる人が健全ならば、それ以外の人は健全ではないのか?
何をもって健全と言い、何をもって不健全と考えるのかを野党には聞いてもらいたいと率直に思った。

今回の発言にしても、少し前の「機会」発言にしても、文脈上言わなくてもいいことを言ってる。

posted by 総理大人 at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。