2005年10月24日

あいのり〜議会という名のラブワゴン〜

・神戸市長選
現職の矢田立郎氏(65)=自民、民主、公明、社民推薦=が、市民団体代表の瀬戸恵子氏(43)=共産推薦、新社会支持=と広告会社社長の松村勉氏(42)を破り、再選を果たした。投票率は30.23%(前回38.14%)だった。

・川崎市長選
無所属の現職阿部孝夫氏(62)=自民、民主、公明、社民推薦=が、無所属新人の岡本一氏(60)=共産推薦=を破り再選を果たした。投票率は36.32%(前回36.76%)だった。

・鎌倉市長選
石渡徳一氏(52)=無現、自・民・公推薦、再選。前宮城県環境生活部次長の渡辺光子氏(55)=無新=、鎌倉民主商工会長の仲地漱祐氏(59)=無新、共推薦=を破る。投票率は47.49%。

・堺市長選(大阪府)
木原敬介氏(65)=無現、自・民・公推薦、再選。舞踊家の長川堂いく子氏(56)=無新、共推薦=、前府議の森山浩行氏(34)=無新=、元大阪市職員の山口道義氏(52)=無新=を破る。投票率は32.39%。堺市は政令市となって初の選挙。

・兵庫県知事選挙
現職の井戸敏三候補(無所属、自民・公明・民主・社民推薦)が新人の金田峰生候補(無所属、共産推薦)を抑え当選した。投票率は33.33%。

=============
・佐賀市長選
無所属新人で元佐賀市水道局長の秀島敏行氏(63)=自民、社民推薦=が、無所属新人で元佐賀市長の木下敏之氏(45)=民主推薦=を破り初当選した。投票率は68・96%。

私が投票行かなくても、どうせ当選するのは、「相乗り候補だもん」。これが有権者の声ではないだろうか。
佐賀市長選はその逆の声が表れた??

『国政』…民主は対決姿勢
『地方選』…民主は相乗り、目指せオール与党

なんで民主党を責めるのかって? 彼らが野党だから。

地方から民主党の政治を示していく。それを国政への気概とする。そういう姿勢が民主に欲しい。
オール与党体制では議会が働かない。その末路が大阪市。
なにより、国政では「対決姿勢」、地方政治では「お手々つないで仲良しこよし」。私には理解できない。
民主党にやる気はあるの? 政権獲得への気概が感じられない。共産党の結果に表れない気概にはいつも感心する。少しは見習え、民主党。
そして、参院神奈川補選では、やっぱり負けた。

そういえば、社民党を無視して書いてきた。ま、いいか。。

(注)
・地方の首長選に相乗りするというのは、首長の権限が強大だからと理由はある。しかし、だがしかし、それでいいのか。
http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20020307/

関連記事:大阪市長選。そして民主党。
posted by 総理大人 at 01:42| Comment(1) | TrackBack(3) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
地方は首長の権限が強大ですから、本来であれば首長の暴走に対するカウンターとしての役割が議会には期待されているのでしょう。
オール与党体制を是とする議会というのは存在価値そのものが無いのかもしれませんね。…それではまずいのでしょうけれど。
Posted by tomber at 2005年11月06日 21:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8518347
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

おてて繋いでランランラン!
Excerpt:  国政選挙は一段落しましたが、ラッシュと言うべく、地方選挙が各地で行われております。ちょっとその一覧を見ていきましょう。以下は「産経新聞社」「市民メディア・インターネット新聞JANJAN」 「ELEC..
Weblog: がんばれニッポン!
Tracked: 2005-10-24 21:08

未だに理解できない
Excerpt: この週末やたらと市長選挙・知事選挙・補欠選挙と選挙が多くあったのだが、未だに理解できない事がある。国会議員を選ぶ選挙では流石に無いのだが、市長選・知事選などでは自民・民主推薦などと言う感覚的に不思議な..
Weblog: 日々月々年々思う事
Tracked: 2005-10-25 21:26

川崎市長選挙 − 両候補者の施策を比較してみた
Excerpt: 今週末に川崎市長選挙が実施されます。個人的に関心を持っている市営地下鉄と学校教育に関する阿部候補と岡本候補の施策を比べてみました。阿部さんは現職市長なので川崎市のサイトに掲載されている施策、岡本さんに..
Weblog: 聞いた、見た、読んだ。
Tracked: 2005-11-06 21:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。