2006年01月29日

憲法改正私案、国民投票(1)概要

国民投票を論じるときに、一般国民と国会議員との関係は非常に難しい。目本の現状及び国民意識も加味して、本私案では国民に直接的な参政を開放することとした。

1:憲法改正
言うまでも無く、憲法改正は国民投票の対象だ。一部の国会議員が、国会議員だけで憲法改正しようとするような動きがあるがこれには反対だ。

2:天皇に関する事柄
天皇というのは、我が国の国体であり、言うまでも無く天皇に関する事柄は憲法にも勝るとも劣らぬ重要度がある。憲法とは目本であり、天皇もまた目本そのものであろう。
天皇とは、目本国の象徴であり、目本国民統合の象徴である。その地位の確固たる事は、戦前は言うまでもなく、戦後は象徴天皇制という形で浸透しこれはゆるぎないものである。
天皇というのは、目本を語るときにハズセナイのは国民誰もが認識していることである。そして、というか、しかし、というか、天皇の地位というのは、国民の厚い信任に依拠している。たとえ二千年からの歴史があるといっても、現在の天皇制を考える時に国民の視点というのは欠かせないのである。
遠い将来、国民が天皇から離れていかないためにも、天皇と国民は一であるという認識を絶やさぬためにも、天皇に関する事柄を国民自らが、思考し定めるというのは当然であると私は考える。
具体的に国民投票にかける事項は次の三つである。
・皇位継承順位
・皇位継承者の範囲
・皇室の範囲
憲法改正後、これら三つを変更する場合は要国民投票。
国会の各議員のホニャララの賛成によって国民に発議される改正案(変更案)を有権者(成人)の有効投票総数の過半数の賛成によってのみ、この三点は変更されるのだ。
細かい文言や条文は、また今度考えるので、そのときに添削をお願いしたいが、特にホニャララは過半数か3/5か特別多数か、迷っている。なお特別の国民投票をもって国民投票とする。

3:衆議院及び参議院の選出方法
これはぜひとも入れたい項目であると考えていた。国会議員という職務を考えたときに国民が何らかの形で、直接的に選挙制度を決定できるような方策はほしいと考えるのだ。説明はまた割愛する。異論はあるだろうが、ぜひコメントにでも入れてほしい。できるならば、説明したい。
投票対象の範囲だが、実際にシミュレートして説明したい。条文にするときの文言が思い浮かばないからだ。
衆議院小選挙区の区割り変更→投票対象外(そもそもこれは法律で規定する範囲内に限り独立機関が自動的に一票の格差を考慮し区割り変更し国会議員が直接関与しない制度がいい。)
衆議院の比例区の区割り変更→投票対象
小選挙制を中選挙区制にする→投票対象
参議院比例区の非拘束名簿方式を拘束名簿式にする→投票対象
衆議院比例区の定数変更→投票対象外
ああ…こう挙げていくとかなり難しいものがあるのだが、「選挙制度が変わった」と国民が思うであろう事項は、とにかく国民投票にかけられるのだ。
なお、選挙制度の変更については、衆議院総選挙のときに、国民は投票し、有効投票数の過半数を得れば次回通常選挙(あるかな?)、次回総選挙に「選挙制度が変わった」ことを実感してもらう。
なお、次回通常選挙(あるかな?)について。両院制維持の上それぞれの選挙制度については、本憲法私案では衆議院は直接選挙を規定し、参議院議員の選出方法については国民投票以外、任期も含め特に規定しない方がいいのかなと個人的には思っているので、そういうことになる。参議院選挙制度についての私案はあるのだが(もっと煮詰めます)、現在の制度とは大幅な変更を伴うので参議院の選出方法については曖昧にするということなのだが(マズイ?)、次々回の憲法改正で規定できればよい。もちろん新憲法施行時には、現在の参議院のスキームが維持される。
あーーただやっぱりこれではマズイので、ちゃんと参議院の選出方法詰めて憲法に書くことにします(どっちやねん!)。ただそれも、規定が詳細になるので、一長一短なのだ。悩みどころだ。
posted by 総理大人 at 15:58| Comment(1) | TrackBack(2) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

憲法改正私案、新しい権利

新しい権利もいろいろあるが、すべて現行憲法下で一般法の制定・改正で対応できるものではないかと思う。
こと新しい権利に関しては、現行憲法下の対応で不十分なものを、新憲法にしたから十分な対応ができるというものではない。現憲法下でもできることはたくさんあろうし、それをしないのは立法不作為とも立法怠慢とも呼べよう。
新しい権利を加えるために憲法改正するのではないのは自明で、本私案日記でも今後新しい権利は取り上げることはないだろう。
とは言え、「知る権利」など非常に重要な権利も含まれていることから、私案でも新しい権利は積極的に書き込みたい。条文化の際にご意見といただければと思う。
posted by 総理大人 at 23:38| Comment(9) | TrackBack(2) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

憲法改正私案、安全保障(2)国軍の名称

私案では防衛軍か国防軍かどちらかにしようと考えている。現段階では、前者の方にしたいという印象を持っている。
防衛省との兼ね合いも自然だろうし、目本国だけではなく、さまざまなものも含めて防衛するという意味を出すためにも、ある意味国防軍よりもいい名称だと思う。

現在防衛庁の省昇格が言われているが、防衛庁が省となるとき、名称が国防省と変わる可能性もゼロではない。しかし、おそらくは素直に防衛省という名になるだろう。
ちなみに私は防衛庁は防衛省(Ministry of Defense)という名称にすべきだと思っている。国防省というのもいいのだが、「防衛」庁という慣れ親しんだ名称をわざわざ変えることはせずとも良いと思う。
防衛国際平和省などと、とってつけたようなまやかしの名称だけはやめてもらいたい。公明党がそんなことを要望しているなどという報道もある。

自民党案での「自衛軍」という名称だが、自衛軍の英語表記は自衛隊の横滑りで「Japan Self-Defense Forces」となるのだろうか。
私は目本語の名称を変えるなら、対外的な英語表記も変えないといけないと思う。
憲法はもちろん目本語で考えるのだが、国軍の名称だけは対外的な表記も含めて考えるべきだと思っている。国内的にも対外的にも「変わった」ことを示すべきだと思う。

私は現時点で防衛軍(Japan Defense Forces)で私案を進めたいと思っている。

私は自衛軍という名称は好きではない。自衛軍というのは、ほら、真ん中の字だけがゴツイ。なんか不恰好というか、特に縦書きで書いたときは貧相なのだ。名称は好き嫌いで決めるものでもないが。
そして、自衛軍という名称は確かに自警団的なイメージがつきまとう。
目本の兵士たちに誇りを持ってもらえるような名称にしたい。いろんな意味で、自衛軍という名称は軽い。

posted by 総理大人 at 22:20| Comment(5) | TrackBack(4) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

憲法改正私案、安全保障(1)国連中心主義でいいのか。

国連なんか全然ダメ⇒不本意ながらも国連しかない⇒国連は各国利益集合体、特にP5の国益交渉組織でしかない⇒でも、全世界的に認知されている国際機関は国連しかなく、

アメリカ追従という批判は世界にもある⇒目本は常任理事国にもなっていない、そんな国連に頼れるか。⇒……

上は、私の頭のループ。「国連中心主義」「国際協調」「目米同盟」私の憲法改正にとっての大きな悩みだ。

これは憲法の安全保障の項の条文に、「確立された国際機関」という文言を入れるか入れないかを悩んでいるものである。いや、入れたくないのである。
国連という文言を入れないとすれば、どうやって目本の国軍を憲法という枠にはめるか。これが課題だ。自民党の新憲法改正草案は枠がないと言っていいようなものなのだ。

1:国連お墨付きの集団安全保障活動、国連決議による多国籍軍、PKO・PKF
2:国連お墨付きでない有志連合活動
3:個別的自衛権
4:集団的自衛権

「いざ」となった時を考えなければならない。
国連が機能しなかった場合、どうするのか。
イラク派兵は「急迫不正の侵害に対して、自己又は他人の権利を守る行為」ではなかった。
イラク戦争初期は国連決議のない有志連合だった。
ブッシュの戦争終結宣言後に、安保理が治安維持のための決議をした。
イラクの例は国連が機能しなかった。いや、逆に機能したのかもしれない。
国連もまたアメリカ抜きでは語れない。私はあれは国連が機能しなかった例だと見る。

イラク戦争初期から、目本はイラク戦争を支持した。
あのとき、目本は大量破壊兵器がイラクにあるというアメリカの情報に追従した。ある意味、目本はイラク戦争を支持しやすかった。
だが、あの時点でイラクに大量破壊兵器があるという情報が嘘だと目本がわかっていたらどうだったろう。そこで目本の真価が問われたはずだ。
いや、おそらくそれでもアメリカの行動を目本は支持しただろう。

国防や経済、政治には情報が不可欠だ。
縦割りではなく、内閣が一体となって情報を管理する体制を早急に作るとともに、情報収集能力も上げなければならない。

国連の決議の有無で目本が動く動かないを決めるとは、赤信号皆で渡れば怖くない、というのと同じだ。独立国家としてそれでいいのだろうか。
でも自民党の草案もそれでいいのか。
目本はアメリカとなら赤信号でも渡ります、というのも独立国家としておかしい。
「目本」が渡る赤信号は何なのか、これが自民案ではよくわからない。

難しいのが、その時その時の目本の国益と、将来の長い目で見た国益というのに違いがあるということだろうか。
posted by 総理大人 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(4) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

憲法私案作成にあたって

憲法改正に賛成の方も、反対の方も、なぜ今憲法改正が議論されているかというのはボンヤリとでもわかっているだろう。
そんな中で私は目本国憲法の改正を支持し、私の考えをまとめるためにも、その私案を作ってみようと思い至った。
私は、憲法を現実に合わせるのではなく、現実を憲法に合わせるという努力をすべきだと思っている。ただ現憲法はあまりにも現実と乖離しており、現状は解釈改憲という違憲を繰り返している。
もう一度、ここで憲法の理想と現実のバランスを見直し、現実を憲法に合わせる努力をしようではないか。

私の基本的な考え方や悩みは、追々記していくとして、私案の原則を3つほど。

1:小学六年生が読んでわかる憲法
2:条文上の言葉の意味は、いわゆる辞書的な意味であり、辞書を引けば明快な解釈が得られるものを用いる
3:解釈改憲ができないような憲法
posted by 総理大人 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。