2006年01月19日

「猫研究員の社会観察記:ODA改革続報―企画立案・実施ともに内閣府・首相直轄案」を拝見して。

「猫研究員の社会観察記:ODA改革続報―企画立案・実施ともに内閣府・首相直轄案」

たとえ憲法改正するにしても、ODAこれが目本にとって一番の外交ツールだろうと思います。発言権を得る上でも。
アメリカのように全面的に軍事力を背景として押し出す政策は、これま目本が培ってきた外交に似つかわしくなく、また国民としても納得しがたい方法だろうと思います。私個人としても、確かに憲法改正によって軍事力を背景とした政策もできない事はないと思いますが、目本国としてはそのような方法はできるだけ排除したいと思っています。

対外経済政策は、目本の一番の外交手段であることは未来永劫としたいところでもあり、それは外交の基本政策でもあろうと思います。またその基本政策は首相が変わるたびに変わってしまってはいけないものだとも思います。これなくなると、外務省の外交政策のカードがなくなるのではないかと思います(それがいいということかもしれないですが)。
従って私は、企画立案部門は、外務省下に「対外援助庁」を設置すべきだと思っています。企画立案部分と実施部分を分ける理由が基本的に良くわかってない私なので、素人的には効率と言う部分においても実施部門も、「対外援助庁」に統合すべきだと思います。
そして、内閣府には有識者でも何でもいいですが(ちゃんとした専門家)、総理大臣の任命する人員(委員?)による、対外援助庁の監視部門を置いて、無駄なものがないかをチェックする。こういう仕組みが良いのではないかと思っています。国会でも審議できるようにできるだけ詳細に情報公開してほしいです。企画立案実施部門と監査部門を別の幹にぶら下げる。これがいいのではないかと。。外交の専門家に、意見するなどと言うのは恐れ多いのですし、釈迦に説法だとも思います。外務省はこれまで失敗してきたから、内閣府にというのもよくわかります。でもやっぱりODAは目本の普遍的最大の外交手段であるゆえ、継続的な戦略を求めたいです。
最低限の援助要件は「自由と民主主義の発展を約束する国に援助します」みたいな感じです。でもなんかいつも思うのですが自由と民主主義(多数決)って矛盾するような…
だから要は「民主化促進のための援助」「新目国作り」の二つですか。中身を語れない私が、器を考えると言うのも変な話ですが。。

企画立案部門を内閣府に設置するのであれば、それは外務省不要論とつながり、それは省庁再編につながることだろうと思います。外交通商省とかそんな再再編の話もあるみたいですが。
省庁の重複分野はあるでしょうが、それをまとめていくと総務省みたいなわけわかんない巨大省庁の出現にもなりそうですし、なかなか具体案というのは浮びません。
外交分野だけでも、外務省・環境省・農林省・経産省の対外部門重複とかあって、どんな省庁整理ができるのか。。
師匠に試案おありだったら、いつか社会観察記でと…ひそかに期待しています。

中身の議論は見えてこないですが、安倍さんの下になんか会議があるそうですね。そこが案を出してくるまで、私としてもコメントできる知識はないです。
posted by 総理大人 at 17:59| Comment(8) | TrackBack(1) | 【特設】私の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月17日

タイミング

自民党候補的だった堀江貴文。でも自民党はこのことで責任は問われない。「的」だから。

数年前の事をなぜ昨日の夜なんだろう。

昨日の夜のニュース、今日の朝のニュース、今日の夜のニュース。
予定稿とは違う内容が報道される。
耐震強度偽装のニュースがトップニュースだったはず。

今日は小嶋さんの証人喚問の日。

タイミングいい。

裏の世界の力が働いたのか、働いてないのか。私は知る術はない。

憲法私案とか、犯罪被害者の報道被害を守る骨太の方針とか、教育関係とか、いろいろと書きたいもの・アイデアはあるのですが、時間と根気がなくて、猫研究員師匠のとこにもコメントする暇も無くて、そなあさんが死んだんじゃないかとか心配してくださったり、地味に地道にブロガーするつもりですので。
そなあさんは訪問してくださってるようで、猫研究員さんのブログのお気に入り欄にも拙の稚拙ブログがあって恐縮してびっくりしましたが、また記事書きますので、本年もよろしくお願いします。
posted by 総理大人 at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

自分の記事を読み返して…

誤字・脱字はもちろん、主述関係がおかしい文や接続語句が不適切な文というのが多すぎる。
すべては私の国語力のなさと校正不足に起因するのですが(そもそも政治的知識が不足している…)、全然意味のわからない文章になっているときは適宜該当記事のコメント欄で指摘してください。
一応自分で気づいているところもいくつかあるのですが、まあ空気は伝わるだろうという感じで直していないところもあります。いずれ直そう!みたいな。

また表示がおかしかったり、適切なリンクができてなかったり、そういうのも指摘してください。原因がわかれば直します、コンピュータの知識がないので無理かもしれませんが。

その他、業務連絡も親切な方よろしくお願いします。
posted by 総理大人 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 「目本国の行方」手引き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

「猫研究員の社会観察記:イラク総選挙は高投票率―イラク情勢は少しずつ好転か」を拝見して

猫研究員の社会観察記:イラク総選挙は高投票率―イラク情勢は少しずつ好転か

>多くの人が誤解しているが、大量破壊兵器の存否は、実は問題ではなかった。

その「多くの人が誤解している」ことこそが大問題だと思います。誤解しているのではなく「誤解させられていた」のだから。
少なくとも開戦前の与党や政府関係者の発言など記憶することによると、アフガン同様、テロとの戦いの一貫でイラクを攻撃するということであったし、大量破壊兵器があるからテロ組織の渡ると危険だということであったと思います。特措法上の法的な根拠の説明はもちろんあったが、そんなことは当時重要ではなかった。国民に向けたイラク開戦を日本が支持した理由も、テロ云々という説明だった。
大量破壊兵器の有無というのは、非常に重要な問題であるはずです。

査察に非協力であるという理由だけで戦争が起きてはならない。

戦争の結果、こうしてイラクの民主化が進んでいることはイラクの皆にも大変な幸福だと思うけれども、開戦の大義名分というのは非常に問題があったし、「イラク開戦の根拠とした情報の多くが間違い」であってはならなかった。
情報機関の仕業ならブッシュの判断は良しということにもなろうが、私なんかはほんとにブッシュは情報が嘘だったと知らなかったのかな…なんて訝ったりします。

【特設】私の視点カテゴリ紹介
posted by 総理大人 at 21:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 【特設】私の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「猫研究員の社会観察記:耐震偽造「姉歯」以外も」を拝見して

猫研究員の社会観察記:耐震偽造「姉歯」以外も

「鉄筋量が少ない」が、「構造計算書偽造」に即つながるわけではなく「耐震基準、建築基準法違反」ともならないわけで、やけに恣意的な報道だなと思ったんです。
もしかしたら、姉歯にはできなかった必死の企業努力かもしれないし、マスコミの期待通り偽造かもしれない。前者だとまさに報道被害となるんですよね。そしてどっちかわかんないのにとりあえず記事にしちゃう、ある程度仕方ない部分はあるんでしょうが。あるいはマスコミは独自に裏を取ったのかもしれませんが。
近々調査結果出るでしょうが、どうなるでしょう。私は現時点でこの報道には色眼鏡です。
もちろん、構造計算書を偽造した建築士が姉歯さんだけだと思えはしませんが。

住民支援に関しては、希望者は自己破産というのも一つの手だろうと真面目に思ってます。自己破産すると、新たに借金できないとか聞いたことがありますが、もし民間金融がダメなら、こんなときの為の政府系金融機関だろうと思います。2重ローンというのも防げる。
これなら、マンション解体は税金負担。あと行政は建築主の選定とかいろいろと建て替え計画を考えてあげる、民間が見つからないなら、国の補助金を入れて自治体が建築主となる。という形で決着させれば最低限行政の責任は果たせ、住民の負担増も最低限という感じで。マンション建築費に税金が使われ、返ってこないような現状の支援は賛成できません。
また訴訟関係も、住民対国家、住民対民間会社の賠償とならなければいけないわけで、国対民間会社の形となってしまうのは、手厚すぎる支援だと思います。

住民の責任、この一点だけはあると思います。これは人生の大きな買い物に当たっては。
「瑕疵担保責任に対する保険に入っている建築主から買った人々が住むマンションが上記の対象物件に当てはまる場合は、もちろん国からの援助はない。色々調べた結果、保険加入建築主からしかマンション購入しなかったという人もいる。」

今の支援策だと、これはやっぱり他の欠陥住宅や災害被害とのバランスが…。災害被害者の支援を手厚くするとすれば、結局今回のマンンション住民レベルまで手厚くしないといけなくなる…、また中間検査・完成検査で欠陥が見抜けなかった住宅の住民なども支援することになるんですから、今回の政府支援策は明らかにおかしい。自己責任云々ではなく、公平性を担保できない。
すべてに公平というのは不可能ですし、そもそも税金なんて公平に使われてないんですが、私案ですと公的支援反対過激派にもまあ最低限として許容されるんじゃないかなと思ったり。。
あとやはりこれから増えていくのは間違いないですし、いくらってもお金が足りなくなりそうです。今回の来年度の少しの増税でブーブー言う国民ですから、保護社会という国民の覚悟もできないのですから。また私の思考は保護社会ではありません。
自己責任を問うには非常に酷な事態だとは思いますが、自己責任を問わざるを得ないと思っています。

【特設】私の視点カテゴリ紹介

関連記事:
耐震強度偽装問題と規制緩和
耐震強度偽装の証人喚問
耐震偽装問題の公的支援が問うもの
posted by 総理大人 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 【特設】私の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

耐震強度偽装の証人喚問

証人喚問というと、疑惑の政治家を糾弾する場というイメージがある。国会議員として非常な不適切行為に対して、国会自らがある種の自浄作用を国民向けにパフォーマンスする場というようなイメージのものであった。
これは国会の権威を維持するためにも必要な作業であり、議員という職にあって国民に説明責任を果たすという、一つ証人喚問のあるべき姿だと思っているし、どんどんこの種の喚問はやってもらいたい。

今更言うまでもなく、証人喚問というのは、憲法の第62条に基づくものである。
その位置づけというのは、国政調査であって基本的には犯人探しではないと思う。
国会というのは立法府である。証人喚問が政策立案の糧にならなければならない。重ねて言うが、証人喚問は犯人探しの場ではないし、ましてや裁判でもない。
その意味において、今回なぜか知らんがやけに評価されているヤクザの若頭みたいな顔の民主党馬淵議員の質問もたいした事はない。
捜査というのは基本的に警察・検察が行うものであって、若頭の質問が立法府の行うべき、また政策立案につながる質問であったかというとそうではない。
いや、若頭はほんとによくやったと思うし、大変勉強されたのだなと思った。でもあれは彼の仕事ではない。
誰がウソをついているか!!など、まあ面白いがそんなことは政策立案上どうでもいい。しかもそれがテレビ中継で見られるなんて、警察の捜査や裁判ではありえないから、盛り上がるのはわからないではないが。
これ以上の証人喚問は必要ない。捜査はプロにやってもらえばいい。国会には国会の仕事がある。

まず立法府の国政調査権にふさわしい証人というのは、第一に建築審査確認機関であった。そして建築主、そして姉歯元建築士。この三者だろう。
国会がすべきことというのは、有効な建築確認の制度設計と瑕疵担保責任の誠実な履行を果たすための制度設計、その建築基準法関係の改正。
それだけでいい。それに全力を投入すべきだ。
事件の全容を国会で国会議員が暴くことなどできないし、国会の仕事ではないし、それが政策立案に活かせはしない。中途半端な仕事しかできない。
建築行政の制度設計の改良のために特化した参考人招致や、証人喚問だったら、もっと見られただろうし、国民のマンション不安も和らいだかもしれない。

しかしまあ仮に犯人探しを目指すにしても、今回の質問者はヒドかった。
やけに渡辺具能議員が批判されているが、他の自民党議員もヒドイ。そりゃもうヒドイ。何度テレビに突っ込みを入れたことか。公明党の高木陽介も、若頭以外の民主党議員もヒドイ、共産党も社民党も国民新党もヒドイ。御覧なってない方は見てみるといいです(下記参照)。まるで売名行為。
前述したが、ほんとに唯一、民主党の若頭だけはよくやってた。…若頭が国会議員でないのだとしたら。

証人喚問を見たい方は、衆議院TVへどうぞ。「国土交通委員会」で証人喚問はありました。

あと、ぜひ武忠氏の記事姉歯氏の証人喚問と個人情報の扱いを御覧ください。

追記:
保坂展人のどこどこ日記強制捜査と国政調査権を読んで、フムフム。自分の認識を改めるべきだろうと思った。本エントリの第一段落になるまで頑張って。
そして、保坂展人が毒にも薬にもならない質問をしていた張本人なのだという事実に私は浸っている今日この頃、皆さん、いかがお過ごしですか?(笑)
ついでに、若頭の与党、幕引き完了には
予算委員会こそ、疑惑解明の大舞台だ。
とある。いくらテレビに映るからといって毎年毎度予算委員会が肝心文字通りの「予算」を審議しないことを堂々と宣言するのはよさんかい!と思う。予算委員会が予算を審議しないでいいんかい!と思う今日この頃なのだ(笑)

関連記事:
耐震強度偽装問題と規制緩和
耐震偽装問題の公的支援が問うもの
「猫研究員の社会観察記:耐震偽造「姉歯」以外も」を拝見して
posted by 総理大人 at 21:13| Comment(4) | TrackBack(1) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特設】私の視点カテゴリの紹介

他者のブログにコメントする代わりにTBする。
他者の記事を読んだ時に感じた自分の思考をここに残して集積しておく。自分で自分の過去の記憶を参照するときに、この方が便利だ。
小童な私の知的財産。


・私がTBした記事の筆者の皆様へ
あなたの記事にTB風コメントを送らせてもらいました。
それに対する返信などいただけるのであれば、当ブログの貴ブログに対する記事、あるいは私がTBした貴ブログの記事にコメントしてください。
後者ならば、当ブログの貴ブログに対する記事に「返信してあげたよ」という意味で、TBをしていただけると当方が気づきやすいと思います。


posted by 総理大人 at 17:00| 【特設】私の視点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月07日

耐震偽装問題の公的支援が問うもの

今回の一連の耐震偽装に絡んでの公の支出は、国民一人あたり550円。今後耐震診断が行われもっと被害が増えるに違いないが、税金投入額ももっと増える。
今回の問題が国民に問うているのは、税金でなんでも保護する社会か、自己責任で片付ける社会か。大きな政府か、小さな政府か。
それはつまり簡単だ。税負担の大きな社会か、小さな社会か。

公的支援を批判的に考える人は、国土交通省HPに書き込めるところがあるので、そこにどうぞ。
間違ってもマンション住民を批判してはいけない。私もマンション住民なら、やってもらえることはやってもらおうと思うだろう。
自己責任社会を求めるならは住民に求めても仕方がない。政府に求めるしかない。

ちなみに、私は小泉さん及びその取り巻きが使う「小さな政府」という用語の使い方は、なんか体がかゆくなる。小泉さんが目指すものは「無駄のない政府」であって「小さな政府」と言うのは誤用だと思う。もしかしたら、「小さな政府」の意味に、「小泉さんが目指す政治」という意味が当然のように加わる日が来るのかもしれないが。

今回の公的支援賛成反対は別にいい、個別のことは好き勝手言える。税負担の大きな社会、または25条の「最低限」これ以外は自己責任の社会、どちらを選ぶか国民は問われているのではないか。
いや、まあ自己責任と保護の真ん中とかケースバイケースとか言われちゃおしまいだけれども。。しかし、真ん中だと言うならばケースバイケースと言うならば、今回の政府の支援は当然だろうと思う。

とは言え、この公的支援が政府あるいは政党の人気取りレースみたいなことにならないように、注視していかなければならない。

さて、ここで今回の私案である。
1:国庫補助制度を活用し、マンションや一軒家など個人の住む住宅の耐震診断を促進するための補助金支出。
以下、Qu/Qunが0.5未満で耐震改修が困難である分譲マンション住民が対象。
2:該当住民に政府は、退去を命令。
2:希望者に対して上記重大な欠陥が判明した物件の居住者受け入れ住宅を政府は公営あるいは民間で確保。居住者に移転費を支援。
3:震度5強程度で倒壊する恐れがあるマンションを住民から自治体が土地代で買い取り解体。

以上。

今回の件においてその他の国家の支出額・内容については、司法の場で争われることだ。

関連記事:
耐震強度偽装問題と規制緩和
耐震強度偽装の証人喚問
「猫研究員の社会観察記:耐震偽造「姉歯」以外も」を拝見して



posted by 総理大人 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近の諸問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

憲法改正私案、新しい権利

新しい権利もいろいろあるが、すべて現行憲法下で一般法の制定・改正で対応できるものではないかと思う。
こと新しい権利に関しては、現行憲法下の対応で不十分なものを、新憲法にしたから十分な対応ができるというものではない。現憲法下でもできることはたくさんあろうし、それをしないのは立法不作為とも立法怠慢とも呼べよう。
新しい権利を加えるために憲法改正するのではないのは自明で、本私案日記でも今後新しい権利は取り上げることはないだろう。
とは言え、「知る権利」など非常に重要な権利も含まれていることから、私案でも新しい権利は積極的に書き込みたい。条文化の際にご意見といただければと思う。
posted by 総理大人 at 23:38| Comment(9) | TrackBack(2) | 憲法改正私案作成日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月02日

耐震強度偽装問題と規制緩和

1:建築業者(売り主)は万が一建物に瑕疵が発生した場合に備えて、瑕疵担保責任を誠実に履行するための保険に強制的に加入しなければならない。
2:建築確認検査は、前項保険会社のもとに置かれた建築検査機関にのみ、民間委託できる。

1:今回のヒューザー、これは瑕疵担保責任を果たせないという理解に苦しむような状況である。「重畳的」という言葉を初めて知った私である。これはヒューザーに瑕疵担保責任を果たすことができる資金的余裕がないということらしい。
しかし、これについては万が一瑕疵が生じた場合のための保険があるということを私は知った。この保険は任意保険のため、建築主は加入せずともよい。そしてヒューザーはこの保険に入っていなかったということだそうだ。
建築主には瑕疵担保責任があるという一方で、この責任を果たせないという矛盾した状態は今後改めなければならない。
したがって、建築主は当該保険に強制加入するような法整備をまず急がねばならない。
自動車の自賠責をイメージしてもらえば、わかりやすいだろうか。

2:98年の建築基準法改正で自治体が行っていた建築確認検査を大臣、知事が指定する民間の確認検査機関でも行えるようにした。
私は、「民間でできることは民間で。官にしかできないことは官で。」という方針の下で、建築確認検査が官でしかできないこととは思えない。建築確認検査を民間でできるようにすること自体がおかしい、などと例によって今さらテレビや新聞の一部マスコミが言い出しているが、私はそれに同意しない。現に自治体による確認検査漏れも報道されている。問題はそんなことではない。
マスコミの一時的大衆迎合は98年当時おそらく規制緩和を歓迎する報道がなされていただろう。
JR福知山線の事故も同じで、マスコミは「過密ダイヤ」「過密ダイヤ」と散々批判したが、東西線開通当時、この過密ダイヤを非難するマスコミはどこにもなかった。どのメディアも、「ますます便利になった」「東西線開通はおめでたい」という報道だった。いつものマスコミの「後出しじゃんけん」である。
話を戻して、1によって強制加入となった保険の保険会社に、建築確認検査をさせるようにする。
保険会社ならば、建築確認検査を厳重にすることになるだろう。自らの会社の存続と信用がかかっているのだから。利害関係による不正防止方策である。

2については、採算性や実現可能性の問題があるが、国民の生命に関わることであるから、民間委託するのであればこれくらいの不正防止網はあってしかるべきであろう。この方策ならば自治体に任せるより、安全ではないだろうか。
これらに合わせて、刑罰強化のための法改正もすべきだろう。
そして改竄ができないような大臣認定ソフトを早く開発してほしい。

追記:
「耐震強度偽造」という言葉に違和感を持つのは私だけだろうか。
構造計算書偽造であり、耐震強度偽装であるが、「耐震強度偽造」というのはおかしな日本語ではないか。

追記:
2の損害保険会社が建築確認する、というのは実は新しいことでもなんでもなかった。やっぱりな〜私が思いつくことなど先人たちは思いつくよね。。
ならば、実現可能性も高いのではないか。こうするのが、ベストな方法だろう。

関連記事:
耐震強度偽装の証人喚問
耐震偽装問題の公的支援が問うもの
「猫研究員の社会観察記:耐震偽造「姉歯」以外も」を拝見して

posted by 総理大人 at 19:41| Comment(3) | TrackBack(15) | 政策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。